神奈川県の鉄道ガイド

鶴見線


鶴見線

横浜市鶴見区の鶴見駅から川崎、横浜の京浜工業地帯の真ん中へ向かう路線で、利用客のほとんどが京浜工業地帯の工場の従業員で占められているというちょっと特殊なJR線です。

鶴見線

鶴見から国道1号線を跨ぎ、浜川崎〜扇町まで通っている線が本線で、その他に横浜市鶴見区の「浅野駅」から分岐して海芝浦駅までの支線が「海芝浦線」、川崎市川崎区の武蔵白石駅からの分岐して大川駅までの支線を「大川支線」といいます。

この大川支線ですが、本来武蔵白石駅に停車して運行されていたのですが、車両が新型になるにともない、長い車両が武蔵白石駅のホームに停車すると干渉してしまうため、現在ではひとつ手前の駅の安善駅から直接大川駅に向かうという運転方法になっています。

鶴見線は都会にありながらその特殊性が文学のモチーフになったりもしています。
HOME神奈川県の鉄道ガイド
●JR線
東海道本線
東海道新幹線
横須賀線
相模線
御殿場線
横浜線
鶴見線
根岸線・京浜東北線
●会社線(私鉄)
小田急線
東急線
相鉄線
京急線
江ノ電
箱根登山鉄道
伊豆箱根鉄道 大雄山線
●その他
横浜市営地下鉄
金沢シーサイドライン
湘南モノレール

[次のページ]
[上へ]

Copyright(c) 2010
神奈川県の鉄道ガイド